April 07, 2004

3・27 桜の誘惑に負けずにお勉強

今日は、数年来関わっているCS系の研究会に、この有名人をお呼びして、お話を伺う。
う~ん、でも殺人的な忙しさの中お呼び立てしたのに、彼にはあまりフィードバックがなかったのでは?と余計な心配しきり。僕も含めて、割と同調的に場が流れてしまったのですよ。もっとねちっこいツッコミとか考えてくるべきだったのかもしれませんが。
その中で、なぜか参加してくださったの確信犯的アウトサイダーな質問が、実はなかなか切れ味鋭かった(笑)

研究会後の飲み会では、もちろんというか何と言うか、時節柄この話題で大盛り上がり。
と思ったら、上のブログのコメント欄で、すごいことになってんじゃん!

非常に素朴なことを言いますが。
僕は、このまったくスタイルも趣味も文体も異なるお二人を、端的に言ってどちらも等しく「好き」なんだなー、というのを改めて再確認しました。
コレ、釣りでもなんでもなく。「あえて」照れ隠しさえせずに。

何だよ、それありえねーだろ、っていう突っ込みが各方面から聞こえてきそうですが、とりあえず二者二様のお人柄から発せられる「誠意」を感じて、ちょっと久々に感銘を受けています。感銘を受ける以上の力は、あらゆる意味で今の僕にはありません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)