« 今年はこの仕事でいっぱいいっぱい(笑) | Main | もはやこのブログに1mmの告知効果もあるとは思いませんが(苦笑)・・・音街かしわ2008 »

May 26, 2008

「ババ抜きゲーム」は続くのか?――国内第三世界化と外国人労働者

08年度上半期に手がけた仕事紹介、強化週間です(笑)

もうずいぶん前になってしまうのですが、1月末に『月刊オルタ』にて小文を書かせて頂きました。
お声をかけて下さった編集者のHさん、ありがとうございました。

「デッドエンドジョブ」を外国人労働者「導入」の視点から捉えなおし、その先に何がありそうかをちょこっと考えてみた的な文章です。短い紙幅でしたし、少し強引に図式化しすぎたきらいはありますが(特に戦後ヨーロッパや台湾の話はこんな単純に語るべきではなかったかもしれないけど)、なにがしかの議論のきっかけになればと思って書きました。

このページで全文公開されているので、ご覧になって頂ければ幸いです。


|

« 今年はこの仕事でいっぱいいっぱい(笑) | Main | もはやこのブログに1mmの告知効果もあるとは思いませんが(苦笑)・・・音街かしわ2008 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27113/41329303

Listed below are links to weblogs that reference 「ババ抜きゲーム」は続くのか?――国内第三世界化と外国人労働者:

« 今年はこの仕事でいっぱいいっぱい(笑) | Main | もはやこのブログに1mmの告知効果もあるとは思いませんが(苦笑)・・・音街かしわ2008 »