« September 2006 | Main | January 2007 »

October 08, 2006

キモかわいい蟲たち

昨日今日の気持ちよさは、本当に素晴らしい。
個人的には、このぐらい風が強くて、雲の流れるのが速い秋の空って、最高に好きです。

昨日は昨日で、一橋に行ったのは、当初の予定的にはちょっと無駄足だったんだけど、気持ちのいい空の下のキャンパスでノートパソコンを広げて仕事がはかどった。
今日は今日とて家族サービスで、房総のむらへ。

安食(あじき)と下総松崎(しもうさまんざき)という、関東を代表する難読駅に挟まれた印旛郡栄町竜角寺台(雨乞いに応えて現われた竜の頭が落ちた場所といわれていて、竜腹寺、竜尾寺も房総半島中北部に存在する)の地は、北総台地の中では古代から栄えた場所である。

この古墳群を擁する地に、千葉県営の房総風土記の丘ができ、さらにそれが「房総のむら」として拡張されたのは随分前のことだけど、はっきり言ってつい最近までかなりパッとしなかった。
この近辺に数多くの親族が住んでいるものだから、幼い頃から何度となく遊びには行ったけど、しょぼい資料館にナウマン象の化石が無造作に置かれているわ。移築された重要文化財も、いまいちコンセプトがバラバラだわ。「体験学習」のはずの房総のむらも、事前予約しないとなんもできないわ。
ま、そんな感じの典型的なお役所仕事で、古墳のアップダウンを利用したケイドロだけは楽しい、みたいな場所でした。

それが、最近なんか評判よくて人がいっぱいという話を聞いてはいた。
基本的には、「純情きらり」のロケ地のひとつになったからなのだが、どうやらそれだけでもないらしい。

そんなこともあって、ちょっと久しぶりに子供たち(うちの2匹+親戚の1匹)連れて行ってまいりました。


なるほどね~、とちょびっと感服してしまった。

この秋の企画展は、「病魔退散--祈りの風景」。

九州国立博物館に、『針聞書』という、戦国時代頃の不思議な医学書が所蔵されているそうだ。
要は鍼灸の本なんだけど、その中に、体の中で悪さをする「蟲」が、これでもかと出てくる。それが、大塚製薬様が大金積んでプランナーに考えさせた体内怪人どもなんて足元にも及ばないほど、どいつもこいつもユーモラス。
薬をブロックする亀みたいな蟲やら、歌うのが大好きな羊のカッコした蟲やら。一度みたら夢に出てきそうな連中ばかり

こんな「蟲」たちを、「キモかわいい!」と呼んでキャラクター化し、村内のいろんなところに針聞書からのイラストを配す。ちょっとした宝探し気分に。
で、その脇には、「病魔除け」のための県内のいろんな民間信仰の注連縄やら藁人形やら。

子供はキャーキャーです。
ちょっとセンスよくないですか、学芸員さん。

しかも、期間中、常設展示の武家屋敷の門構えには、「この家は病人がいるので静かにしてください」の張り紙が。
家に上がると、人形の女の子が疱瘡で寝ていて、寝室には疱瘡除けの当時の風習(赤い瘡蓋になると治癒することから、赤が縁起がよいとされたので、枕もとに達磨やなんかを置く)を再現という芸の細かさ。

何気に「蟲師」のブームにも、乗っているようないないようなこの企画、ちょっと面白いのでお奨めです。
少し交通は不便だけど、なんたって県営の300円、お金をかけない家族連れスポットをお探しの方はぜひどうぞ。

文化行政やればできんじゃん、ってお話でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 06, 2006

ビバ!オーサカ!

このところ大阪に縁があって、おとといまでまた行っておりました。

年内にもまた2回ほど行きそうな勢いですが、いいですね、大阪。
なんか生き返ります。
大阪がっていうより、向こうに行くと必ず会う大阪市大のみなさんによくしてもらってる、というところが大きいのかもしれませんが。

で、これだけ度重なってくると欲しくなるのが旅先でのジム。

すげーの見つけちゃいましたよ。

「新世界近辺で一人勝ち」状態というスパワールド世界の大温泉

1000円で結構いろいろあるジム行って、お風呂入って、仮眠もできて・・・

通常料金は2700円ですが、キャンペーン料金で1日1000円、当然ながらほぼ毎月キャンペーンなのは新世界クォリティ。
ウェイトマシンにちょこちょこ錆やほつれが目立つ気もするが、それもまた新世界クォリティ。
お風呂の隣の水槽でルリスズメの群れが泳いでたり、お約束の金ピカ風呂があったりするのも、新世界クォリティ。
平日昼間から妙に人が多くて、しかも異常にイカツいお父さんがすごいウェイトを持ち上げてるのも新世界クォリティ。

こりゃはまるっす。
1000円だから何でも許す!  ぼったくりの木更津の龍宮城には、つめの垢でも煎じて飲ませたい!


しかしまあ、釜が崎のビジネスホテルに泊まって、目と鼻の先のスパワールドで汗を流して、築港の立ち飲み屋探訪にでかけて・・・
こりゃあ、普通に暮らせちゃいますな。
ていうか、暮らしたい!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« September 2006 | Main | January 2007 »