« 全方位ヤバス | Main | 外国人政策シンポジウム »

August 16, 2006

ワーキング・プア? IV

いい加減最後にしましょう。が、終盤にきてちょっと風呂敷広げます。

「貧しくとも暮らせる空間」のソフト面とは、すなわち社会関係資本に関することといってもいい。
(もともとはSocial Capitalの訳語なんだけど、土木国家の日本では、社会資本というと新幹線やら高速道路やらを思い出してしまいがちになるので、社会関係資本という言葉が使われることも多い)

今日びの流行の概念である社会関係資本とは、「資本」という概念が、一般的に考えられる経済資本(つまり金の蓄積)だけでなく、文化資本(教養や立ち居振る舞い、場合によっては学歴も)などを含むさまざまな側面から構成されているという考え方をベースにしている。
そして、経済資本と文化資本、社会関係資本は相互に変換可能なものと考えられている。
直感的にわかる話としては、人と人とのつながりの中で、就職・転職や起業が成功したり、取引先を開拓していくことはよくあるわけだし、互酬的な人間関係が、困窮時の最後の物理的・精神的セーフティネットになりうるわけですよね。そもそも、保証人になってくれる人が一人もいなければ、まともな物件一つ賃貸できません。

もちろん、家族や親族というのも社会関係資本のベースの一つですけど、それだけじゃない。地縁、職縁、さらにはそうしたものには収まりきらない新しいネットワーク的な社会関係資本の蓄積が、洋の東西問わず、さまざまな場面でクローズアップされている。新しい社会関係資本に、SNSみたいなバーチャルなものを持ち上げる人も多い。

地域に人間関係の網の目と、それに基づく相互信頼という社会関係資本が蓄積されているかどうかが、地域発展に決定的に重要だという古典的な実証研究はたくさんあるし、日本の地域社会学や都市社会学では、「封建遺制」「戦時体制の成れの果て」としてことさらに評判が悪かった町内会や地縁組織が、そういった文脈から機能主義的に再評価される動きもあった。

しかし、「ワーキングプア」やかつての「フリーター漂流」に登場したような、田舎での地縁や血縁を切り離して上京してきた若者たちには、そうした従来型の「地域」の社会関係には入り込めない不可視の存在である。従来型の地縁組織は、家族を構成員のベースにしてきた。そもそも、子供の幼稚園や町内会の遠足がなければ、地縁組織と関わるきっかけなんてないからね。
それらの上京者たちは、20世紀後半の時期には「カイシャ」に包摂されて職縁を築き上げてきたわけだが、市場に即応したジャストインタイムの流動性に覆われる現代の職場が、請負や派遣やパートで働く労働者にとって、社会関係資本を蓄積させる場になるはずもない。

それ以前に、地縁やら職縁やらというものは、ここ20年間、日本人に「うざったい」と言われ続けてきたものだったことを忘れちゃいけない。構成員の全員加入を基本とし、年功的な上下関係が存在するコミュニティのべたべたした関係は、とにかく忌み嫌われてきた。
代わりに、「自立した個人」が自発的な関係を築くアソシエーション型のネットワークがもてはやされた。が、そういう自発的な関係性を築くのは、よくも悪くもそれなりにコストがかかることだから、実際にはかなり「敷居が高い」。
まちづくりにせよ、環境系にせよ、地域に存在するあまたのサークルやらボランティアやらに参加できるのは、時間的にも、経済的にもそれなりに余裕があり、自分のコミュニケーション・スキルにそれなりに自信を持っている「市民」様の特権になっているのが現状だろう。

つながりという社会関係資本を作る基盤として、「文化」を重視する人たちもいる。というか、人事のように言えることではなく、カルチュラル・スタディーズみたいな文化左翼がその典型なのだけど。
確かに、「文化」を基盤としたマイノリティの連帯と抵抗という物語は胸を打つし、レゲエやバングラ、ジャングル/ドラムンベースみたいなユースカルチャーが、ロンドンで人種の垣根を越えて人間関係を構築してゆく駆動力になっているいう実証研究は意義深い。

しかし、いまの「文化」や、もう少し砕いて言えば「サブカル」は、本当に人と人をつなぐ役割を果たしているだろうか?
一見そうは見えても、実際には切断する役割を果たしていることのほうが、遥かに多いと思う。

先日の下北沢のシンポジウムでも、それが議論の焦点になった。
たとえば、裏原宿という街。なるほど、裏原宿では、ショップを中心とした人間関係が一種のコミュニティをなしている。裏原宿だけではなく、地元の「ウラカシ」なんかでもそんな感じ。
それを、家庭でも、地縁でも職縁でもない、ファッションやスタイルという文化を掛け金とする新しい「第四空間」的なコミュニティだとして、その可能性を持ち上げたくなる向きも多いだろう。

しかし、実態はどうか。
下北沢での中村由佳さんの報告によれば、裏原宿の「セレクト」ショップやカフェは、商品から店の内装、BGMから店員のトークに至るまで、トータルな「センス」を競い、ファッション好きの若者に「セレクト」されると同時に、客を「セレクト」するという。客のほうも、店舗や裏原宿という空間にふさわしい「文化」を身につけ、そこに集まる連中と話をあわせようと必死だ。個々のショップにつく常連のコミュニティや、それぞれの小さなコミュニティどうしの間では、「センス」をめぐる明示的/非明示的な選別と排除、競争と序列化が、いつ果てるともなく続く。もちろん、その空間にふさわしい「センス」あるなりをするためには、先立つものが相当必要だ。

自分たちは「セレクトされない」自信があった司会者含むパネリストのオヤジ連中はといえば、ウラハラショップのコミュニティの「息苦しさ」と、そこに集まる若者たちの「生きにくさ」に、面食らっていた。それは、単なる「セレクトされない」ちょいダメオヤジの嫉妬ではなかったはずだ。
なるほど、ファッションとショップを起点にしたウラハラのコミュニティは、この世界に関わりたいコたちに何らかの人脈という社会関係資本を提供するだろう。実際に、ウラハラのそのまたウラは、ズブズブのコネ社会/ボス社会で、外面とは随分違うハイアラキカルな仕事の融通が行われているという話はよく聞く。
しかし、その選別的なコミュニティは、無条件で「居場所」を与えたり、相互扶助的なセーフティネットとして--経済的にはもとより、精神的なものとしてさえも--機能することは、原理的にないだろう。三浦展流に言えば、ウラハラに集まる「文化に踊る」下流社会の若者たちにとって、いよいよ金に困ったときの拠り所になるような場所ではない。

裏を返して言えば、現代都市の中では、こんなタコツボ的・島宇宙的な形でしか、われわれは人と人とのつながりを築くことができないのだろうか。そんなところに、オヤジたちは頭を抱えたのだ。

確かに、90年代以降のデフレ進行の中で、物理的な意味では「貧しくとも暮らせる」生活インフラは、都市に揃ってきた(先日触れた、最も肝心な住宅ストック以外では)。安い牛丼、ファストフード、コンビニ。もちろん、そこで働く「ワーキングプア」を大量に生み出しながら、だが。
いまや東京のビッグマックは、世界で一番安い。言うまでもなく、これを豊かさの指標と捉えるのはおかしな話で、下級財としてのビッグマックと上級財との価格差が大きい都市の指標=階層間の購買力と消費性向に大きな差がある都市の指標と考えるべきだ。つまり、この指標の意味するところは、東京はそういう意味で、いまや世界でも有数の、「貧乏人のための安いファーストフード」が供給されている都市だという解釈が正解だろう。

マックも吉野家も、郊外のイオンのショッピングセンターも、誰でも入れて、消費を楽しめる。敷居はめちゃくちゃ低い。ある意味、いま一番多様な人が集まる場所は、こうした「ファスト風土」店--またまた三浦展流に言えば--だろう。
しかし、こうした「ファスト風土」で、裏原宿のような人と人のつながりができることはありえない。そこは、いかに温かな「コミュニティ」感を演出しようとしていたとしても、実際には完全にマーケティングの論理に支配されたインダストリアル・エリアでしかなく、訪れる客は一人頭の単価を計算された消費者でしかないからだ。単なる消費者は、路上ですれ違う以上の、他者との関係性を持ち得ない。

方や、「文化」に踊りながら、その実タコツボ的で息苦しい裏原宿のコミュニティ。
もう一方には、だらしないほど敷居が低いが、完全に資本のマーケティングに管理されたファスト風土。
そのどちらかしかないのだとしたら、状況はかなり絶望的だ。

いまや日本の都市空間に、その間隙はないのか。もう日本の都市には、さして金を持ってない雑多な大衆を、ゆるゆると包含してゆくような空間はないのか。

僕がここ数年来考えてきたことは、その問いのまわりを常にぐるぐるとまわっている。

・・・うん、最後といったけど、もう一回必要かな。ちょっと切ります。

|

« 全方位ヤバス | Main | 外国人政策シンポジウム »

Comments

>・・・うん、最後といったけど、もう一回必要かな。ちょっと切ります。

Ⅱも放送されたことですし、是非続きをお願いします。
とても勉強になります。

Posted by: ma6 | December 10, 2006 at 11:53 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27113/11412276

Listed below are links to weblogs that reference ワーキング・プア? IV:

« 全方位ヤバス | Main | 外国人政策シンポジウム »