« もう1日更新できません | Main | ワーキング・プア? III »

August 07, 2006

ワーキングプア? II

ちょっと肉体的な疲労がたまり、1日どころか、あっという間に4~5日たってしまいました。
怖い怖い。

そうそう、「貧しくとも生きられる空間」を社会に確保再構築すること、についてでしたよね。

先の「ワーキングプア」のドキュメンタリーで言えば、石巻でリストラにあった30代が、十分な預金残高もなく、親族も知人もいない東京に出てきて職を探せば、いきなり路上に析出されてしまう。彼は東京の中に、仕事のみならず、なんらの社会的な関係性を築けないであがいている。スクリーンに映される限り、肉体的にも、コミュニケーション能力にも、知的能力にも、特段の難があるようには見えないにもかかわらず。

もしかしたら、皮肉にも、彼が「障害者」とカテゴライズされていたのならば、満足いくものかどうかは別として、障害年金に加えて、何らかの「居場所」を与えられたかも知れない。ただし、障害者自立支援法の施行で、そのわずかな居場所であった授産施設や福祉作業所に通えなくなる障害者がたくさん出ていることは、覚えておかなきゃいけない。これまた「自立」の名の元で、単なる切捨てと疎外が起こっている典型例ですね。


話を30代のホームレス氏に戻せば、これは、必ずしも「当たり前の話」ではないのではないか。

僕が90年代末のイギリスで1年半暮らしたとき、当然路上にはホームレスがたくさんいた。
しかし、少なくともビッグ・イシューを売るような形で顕在化している範囲では、意外にも有色人種があまりいなかった記憶がある。特に、インド系--すなわち、イギリスで言うところのAsian--のホームレスは、ほとんど見かけることがなかった。バングラデシュ系などに関して言えば、世帯あたり所得が、全国平均を圧倒的に下回っているにも拘らず、である。

ちゃんと調べたことはないけれど、ここには間違いなく「家族」の問題が絡んでいる。
ごく簡単に言えば、Asianの場合は、誰かが失業しても、生活に窮しても、「家族」(もちろんそこには、われわれの眼から見れば「一族」に見えるビラーデリー単位も含む)でなんとか吸収してしまうので、いきなり路上に析出されたりしないのだろう。
そういった意味では、彼らの場合は、ゴレ(Asianが言うところの白いイギリス人)とは違って、「家族」がセーフティネットというか、いざというときの社会関係資本として機能しているわけだし、ごく単純に言って、ホームレスの問題というのは、単なる貧困の問題ではなく、社会関係資本の問題だというのが、あらためてよくわかる。

ちょっと横道に逸れれば、実はここに、サッチャー、レーガンからブッシュに至る欧米のネオリベラル政権が、「家族の価値」を強調してきたということのミソがあるというのは、よく指摘されてきたところ。
社会福祉を削れば、零れ落ちた人たちが路上に行きやすくなる、だけど、「活力」を増すためには福祉は削らにゃならんし、といって、いざ路上に言っちゃうと、それはそれでまた社会秩序維持のために金がかかる。そうであれば、その分は、家族に吸収してもらうしかないでしょー、という話なわけです。
だからこそ、サッチャー以降の政権は、「現代において、「イギリス人」が持つべき家族の理念をしっかりもっているのは、Asianだ」みたいな、妙な形でのAsianの賞賛を時々したりする。保守思想とリバタリアニズムの結婚ですね。

確かに日本社会は、「家族」がかなりのセーフティネットになってきたおかげで、若年失業層という「問題」の露呈が遅れたわけだけど、山田昌弘さんもいうように、『パラサイト・シングル』論が依拠していた「親のすね」は、ここ5年で急速にやせ細ってきた。じゃあ、Asian Britishよろしく、大家族・拡大家族の復活となるかと言えば、一部可能になる地域もあるだろうけど、一般的にはなりえまい。
いくら細木大先生がわめいたところで、時計の針は逆には回らない。

さてここでもう一度ぐるっと回って、「貧しくとも生きられる空間」を担保する社会インフラや社会関係資本を、「家族」以外であらためて探さなきゃならないわけだ。

と、またまた長くなってきたので、ここで一旦切ります。


|

« もう1日更新できません | Main | ワーキング・プア? III »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27113/11282643

Listed below are links to weblogs that reference ワーキングプア? II:

» 格差社会 [共通テーマ]
10年続いた構造改革。社会保障の縮小、正規雇用の減少、そして、ささやかれる消費税増税。「勝ち組・負け組」といった言葉に象徴される格差社会。あなたはどうお考えですか。 [Read More]

Tracked on August 08, 2006 at 08:19 AM

« もう1日更新できません | Main | ワーキング・プア? III »