« 自分の生活が、まだしも悪くならなそうなヒトをちゃんと選ぼう II | Main | お祭りは終わり。 »

September 10, 2005

自分の生活が、まだしも悪くならなそうなヒトをちゃんと選ぼう III

さて、最後は政局の話である。
具体的にどこに投票し、どういう政権になってくれるのが、「都市の不安定雇用・低所得層の生活を壊す可能性が低いか」という話である。

ここだけ読まれると多分、「このブサヨ氏ね」という結論になるだろうけど、お願いだから「自分の生活が、まだしも悪くならなそうなヒトをちゃんと選ぼう II」を、できれば「自分の生活が、まだしも悪くならなそうなヒトをちゃんと選ぼう I 」もあわせて読んでね。

政権交代の折には文部科学大臣との呼び声も高い宮台さんは、民主党にこう呼びかけている

でも、バラマキをやめるのと、弱者を放置するのとは別問題。現に社会的弱者だからこそ噴き上がる都市型ヘタレ保守は、小泉流「決然」にカタルシスを得ても、そのあと幸せになれません。

そこに、都市型保守への「都市型リベラル」の対抗可能性があり、都市浮動票を取り合う二大政党制の可能性があるわけです。
だから、民主党が示すべきは「都市型リベラル」の政党アイデンティティです。「小さな政府」が「弱者切り捨て」を伴ってはいけないと主張し、「都市型弱者」である非正規雇用者やシングルマザーや障害者の支援を徹底的に訴える。「フリーターがフリーターのままで幸せになれる社会」をアピールすればいいのです。

この認識はまったく正しいけど、一つだけ決定的な間違いがあると思う。
現在の民主党が、こういう政策をアピールする可能性は、万に一つもないということだ。

そもそも、岡田克也をトップにし、松下政経塾出身の構造改革原理主義の中堅が政策形成に重要な影響力をもつ現在の民主党は、そういう層への目配せを重視する政党ではない。

朝日新聞にさえ喝破されていたように、自民と民主の二大政党制とは、現状「小さな政府」へのロードマップを競いあっているに過ぎない。
自民が「改革を止めるな」と言えば、民主は「改革のスピードが遅い」「本当の改革が出来るのは民主党だ」と切り返す。前のエントリに書いたような状況にある宮台さんの言う「都市型弱者」にとってみれば、栄養失調で衰弱するか、砒素を飲んで衰弱するか選んでくれと言われているようなものだ。
そういう意味で言えば、どんなに表面的に盛り上がろうが、自民-民主対決が中心の今回の選挙は、どちらを選んでも大差がない「コップの中の嵐」(まあ、別に「ポケットの中の戦争」でもいいけど)でしかないようにも見える。選びようがない。

こんな状況の中で、若年不安定雇用層ら「都市型弱者」にとっての--くどいようだが、「日本全体にとっての」ではない。自分を含む層の利害だけを考えて動かねばならぬほど事態は煮詰まりはじめた--最悪のシナリオとは、こうだ。

改革推進ということで小泉に信認を与える。郵政民営化を手始めに、もちろん構造改革路線を強化。


→ 1年後の自民政権が、構造改革・財政再建路線強化を継承。消費税増税。景気は萎縮、ないしは「ジョブレス・リカバリー」。都市型弱者を筆頭に大半の階層において、家計は苦しくなる一方。カリスマと政局の嗅覚で前任者に遠く及ばない次政権は、これを乗り切れず解散総選挙。


 → 「本当の改革」「改革のスピードアップ」を旗印に、民主党政権樹立。もちろん構造改革・財政再建路線強化。消費税率10%台。景気は萎縮、ないしは「ジョブレス・リカバリー」。都市型弱者を筆頭に実質的な家計は苦しくなる一方。カリスマと政局の嗅覚で前々任者に遠く及ばない次政権は、これを乗り切れず解散総選挙。

 →「改革が手ぬるい」と自民党若手(山本一太? 笑)が決起。政権奪取。もちろん構造改革・・(以下ry

 →以下二大政党制の無限ループ

 →(゚∀゚)アヒャ! イヤー、ニダイセイトウセイッテスバラシイネ!


しかし、一つだけ期待できる要素がある。
それは、民主党という政党が、よく知られているように政策的なバラつきの激しい「寄せ集め」だという点だ。そして、頭でっかちで純粋な人たちが相対的に多いこの政党では、かつての自民党のように「政策的にバラバラでも与党であるためだけに自民党という枠組みを死守する」ような体質にはない。
つまり、常に分裂の危険性を孕んだ政党だということだ。


郵政法案の戦いの舞台が参院に移った7月中旬に、僕は参院否決→衆院解散総選挙になるのは間違いないと思っていたが、実はきわめて楽観的展望をもっていた。
まあ、小泉総理の天才的な嗅覚と、岡田克也の天才的な空気の読めなさを、両方とも過小評価した結果なんだけど・・・

自民分裂選挙

 →民主大勝・岡田政権樹立。

 →与党になると、路線対立が隠しきれず、1年以内に政権瓦解、民主党分裂。

 →旧新進党系、旧さきがけ系、旧民社系、旧社会系を中心とした民主党勢力が、小沢一郎&旧自由系を接着剤に、「郵政反対派」無所属議員と大同団結。

 →場合によっては小泉自民の分解→新党への一部合流、残った松下政経塾系・元官僚の中堅・若手民主は小泉自民に合流。ネオリベ構造改革政党vs社民主義大衆政党という、欧州基準で真っ当な対立軸を備えた二大政党制誕生。ようやく真っ当な路線論争による政権選択選挙が可能に。


「民主分裂まではわかるけど、そのあと大同団結ぅ?」という声が聞こえてきそうだが、この目は結構あったと思う。
近しい人はみんな知っていると思うが、僕は自分自身の研究も絡んで、東京の旧新進系の地方議員さんたちとのお付き合いが濃い。そこでの選挙では、地元選出の代議士(もちろん保守系)をはじめとして、鳩山さん、藤井さんなど、いわゆる保守系の民主党幹部が頻繁に応援演説に来る。

その景色を数年眺めていて、ふと思ったことなのだが、ここ1~2年の年金政策・郵政民営化の攻防を経て、保守系の民主議員が、急速に社民主義的な考えを強めているのだ。
もともとは、小泉政権の構造改革路線の足を引っ張るということから始まった問題意識だろうが、これが思いのほか以前の旧自民時代の自分の根っこと親和性が高いことに、気づき始めているのではないだろうか。

民主党の左派勢力・旧社会/旧民社系と郵政造反組では、共通の土俵は何もない。議論も成立しない。
しかし、横路Gとも近い小沢一郎が接着剤になれば別である。小林興毅や野田聖子はもとより、亀井も綿貫も藤井も乗れる。あるいは田中真紀子も? もちろん新党日本は、田中康夫と近しい小沢一郎がこの可能性を見越して打ち込んだ楔だったことが、そのときに明らかになるだろう。
つまりは、旧経世会の大同団結+穏健左派勢力という組み合わせがありうるのだ。幾度かの再編という荒波を経験し、一度下野して農村型の既得権と縁が切れて結集したこの勢力は、都市無党派層に目を向けるほかはない。そのときにはじめてこの日本に、真っ当で十分に選挙を戦える「都市型リベラル政党」が、不安定雇用層などの「都市型弱者」が乗れる政党が、誕生するのである。


しかし現状では、こういう夢物語なビジョンを見ようにも、その第一歩の前提「民主大勝」がありえなさそう。

だとすると、次善策は何か。
より可能性は低いものの、民主党そのものの体質が、内発的に「都市型リベラル」になることを促すような事態が起きなければならない。そういうことを促す「今回の選挙の負け方」を達成するしかないだろう。

ここからは、憂鬱なことを言うほかはない。
しかし、あえて言わせてもらう。

それは、「民主惨敗、共産倍増」しかないのではないだろうか。
(なぜ社民でなくて共産かというと、2000年の総選挙のころからそれこそブレずに、派遣労働やフリーターの問題、それの裏表である正社員のサービス残業の問題などを訴え続けてきたのが共産党だからである。今でこそ格差社会反対を掲げている社民はといえばそのあいだ何をしていたかと言うと、「行政改革」を強調してみたりてんでバラバラで、そして何より、選挙の最大の争点を常に「ガンコに平和」に置いていた)

民主は、今回の大敗の原因をいろいろ分析することになるだろう。
もちろん、戦術的なまずさで岡田執行部の責任を追求する真っ当な意見も出る。「小泉自民より徹底的な改革ビジョンを打ち出せなかったからだ」と主張する連中も出てくるだろう。
しかし、共産の躍進に、「都市型弱者」の取り込みの必要性を痛感する人も出てくるかもしれない。そこにこそ、民主党のアイデンティティを求めなければならないという意識が、生まれてくるかもしれない。

はっきり言って、このシナリオには、まったく確信がない。相当に可能性の低い「民主党の良心」と「冷静な分析/戦略立案」に一方的に期待をかけるだけのものでしかない。
しかし、ありうべき二大政党制の再編に向かって、現状で何とか見える細い道筋がこのぐらいしかないというのも、悲しいけれど事実だ。

小泉政権に対しての短期的な敗北を認め、中期的な視野にたって、自民党ではなく、民主党にお灸をすえるために、共産党の躍進を望む。
もちろん共産党の外交政策なんておっかないし、彼らに政権を任せたらたちまち破産だが、比例共産党というのも、「都市型弱者」にとって戦術的にはアリかもしれない。自分にもみなさんにも、そう投票することをお奨めするわけではないが、論理的な帰結としては。

|

« 自分の生活が、まだしも悪くならなそうなヒトをちゃんと選ぼう II | Main | お祭りは終わり。 »

Comments

はじめまして。bewaadさんとこのTB辿ってきました。

確かに小泉自民(敢えて小泉自民と呼びます。以前のまともだった自民党は変質してしまい別物という感じです。)と民主の対立軸は対立軸ともいえないグロテスクなものでしょうね。小さな政府vs大きな政府という、時代は変わったとはいえ依然有効な基本的対立軸をここまで放棄し、構造改革と小さな政府という同じ目標ををどちらがよりいち早く実現できるか?ということにのみ重点が置かれてるわけで、こんなのは先進国では日本だけではないですか?おまけに日本は先進国でも有数の「小さな政府」なんですけど??これ以上小さくしてどうしようってんでしょうか?

さてトピ主さんが前回のエントリで示された小泉支持の4類型のうち、私は(2)が多数派だと踏んでます。(3)は勝ち組ホワイトカラー層や金融、マスコミ関係者には多いかもしれません。(4)が特殊かといえばそうでもなく、相場だけで生活を企ててるような連中も増殖中です。真昼間からPCに張り付いてるデイトレーダーとか。喧伝されてる「個人投資家」の増加というのは多分これが正体でしょう。(笑)

(2)に属する人は、基本的に負け組なんか「マイノリティ」ぐらいにしか思ってないんじゃないですか?ちなみに私のところのエントリでも指摘しておりますが。http://neetnet.seesaa.net/article/6435672.html

まあ、つまりどこまでも当事者意識が薄いんですよ。

>「このブサヨ氏ね」
こういう人たちは自分が誰の世話にもならずに生きてきたと思ってて、これからもそうだと言い切れるようなおめでたい人たちです。相手にしないほうがいいでしょ。いざとなれば勝手に野垂れ死にしてくれればいいじゃないですか。しかしこんなのに巻き込まれて一緒に野垂れ死にするのも嫌ですがね。迷惑な話です。(笑)

Posted by: すなふきん | September 10, 2005 at 07:48 PM

投票日までに終わるのかなぁ……?と
Ⅰ,Ⅱから無駄にハラハラしながら読ませていただきましたw

政策的な話をするとボロしか出ませんので
しません(出来ません)が素直に読み物として楽しませていただきました。

僕が共産党に票を入れるかどうかは別問題として

>小泉政権に対しての短期的な敗北を認め、中期的な視野にたって、自民党ではなく、民主党にお灸をすえるために、共産党の躍進を望む。

と言うのは政治に対して短期的で偏狭な見方をしている自分としては「へぇ~」とボタンを叩かんばかりのお話でした。
(Ⅱの終わりの時点で自民でも民主でもないってことは共産なんだろうなぁとは思いましたが)

まぁ僕のように政治に無知な人間でも

>それは、民主党という政党が、よく知られているように政策的なバラつきの激しい「寄せ集め」だという点だ

はテレビタックルをゲラゲラ笑いながら見ていれば分かるお話なので
どういったシナリオでもとりあえず対立軸がはっきりとなって欲しいです。

とここまで書いてみたところで
普段自ブログでやっているプロレスのお話を先読むよう作業に似てるなぁと何気なく感じましたw

この僕にとっての「プロレス」が「連続ドラマ」でも「映画」にでも「お話を先読む楽しみのある趣味」に置き換えられれば
これまで政治に関心が無かった層も政治にハマるのではないかなと政治に疎い1プヲタが言ってみます。
(ハマれば勝手に能動的に知識を吸収しようとするでしょうし)

これからもエントリー楽しみにしております。

Posted by: 佐野哲也 | September 10, 2005 at 11:34 PM

>すなふきんさん

はじめまして、こんにちは。
先の分類では、僕も2)が(つまり単なる「当事者意識」に欠如しているだけの人が)マジョリティであるように思います。
「当事者意識」の薄さですが、どうやら現在の日本は、「全国民総中流という理解が一度形成された国でのネオリベラル改革は、最も徹底したものになる」という公理が、史上初めて導き出される国になりそうです。
イギリスでは、よくも悪くも階級意識を多くの国民が持った国なので、「この政策は自分の階級にとってはどうなのか」という意識が働き、ブレーキングに成功するか否かはともかく、サッチャー構造改革には、強烈なストライキでの抵抗が起こりました。(ブレア労働党政権以後、少し状況は変わりつつありますが)
このイギリスの階級意識というのが20世紀を通して存続したというのは、実は保守党・労働党という明確な争点のある2大政党制が継続したからだという側面もある思っています。つまり、階級があるから、対立軸の明確な(小さな政府vs大きな政府)2大政党ができるのではなくて、対立軸の明確な2大政党が選挙のたびに階級意識を刺激するので、階級意識が持続したということですね。政治的な受け皿があれば、「負け組」の「当事者意識」が活性化し続ける、という回路はありうると思います。
しかし日本のように「一億総中流」を経験してしまうと、どうにも自分を「負け組」と定義するようなネガティブなことを言う政党には、自己否定されているような気持ちが働き、嫌な気分になる。「一億総中流」社会の残滓を抱えたままだと、「負け組」になるのは政府の言うとおり「自助努力」が足りない人としか思えず、イギリスのように「階級を言い訳にする」ことができませんからね。
かくして、「負け組」当事者意識が希薄なまま、ふわふわした改革幻想を追い求めて、行くところまで行ってしまう可能性が、かなり高いと思います。この国は。


>佐野くん

お久しぶり。
政局の先読みなんて、まったくプロレスと一緒ですよ。つか、政局はプロレスですからね。
国政全体のプロレスを読むのは面白いけど、直接顔の知ってる地域の市議(区議)・県議(都議)レベルの向こう10年間の物語展開を読むのは、もっと楽しいよ。
しかし、こんなことが好きな人が、そうたくさんいますかね。

プロレスつながりで思い出したけど、ちょっと前に話題になった「コイズミ・オブ・ジョイトイ」論争は呼んでみても面白いと思います。

http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20050817

http://d.hatena.ne.jp/sarutora/20050828#p1

http://shinta.tea-nifty.com/nikki/2005/09/metagame_5376.html

こんなアンバイで小泉支持している人(わかった上で小泉の演出の素晴らしさに拍手を送って=面白がって小泉支持している人、もしくはもう一段抜けて、小泉に騙されている自分を自嘲することも込みで支持している人)も確かにいるだろうとは思いますので、前のエントリで言えば類型5)を追加しなければいけないでしょうが、僕はこういうベタだとかネタだとかメタだとかいって、自分が「騙されない頭のよさ」を持っていることを競い合う神経がどうにもわからない(別に頭悪くたっていいじゃんねぇ)し、そんな人たちが実際に無視できないほどの数がいるとも思えません。

しかし、二番目に紹介した「猿虎日記」は重要なことを言っていると思います。つまり、ヲチしてるつもりでも、有権者もリングにあがってるんだよ、と。テレビカメラには映ってないところで、血は吹き出してるんだよ、と。
まあ、つまりこれまた当事者意識の問題ですが。「当事者意識の欠如」に関しては、上記すなふきんさんへのレスに書いた階級意識の問題が、第一義的なものだとは思いますが、こうした自分の生きている(政治含む)世界をどことなくバーチャルにしか捉えられない「メディア・リアリティ」論的な意味での「当事者意識の欠如」もまた、重要な要素だとは思います。
まあ、つまり大多数の国民にとって、日本は平和でぬるいんですよ。でも、これからも平和であるとは限らない。「ゆで蛙」になっていることをどこで気づくか、気づいたときにどんな悲惨なリアクションが起こるか、ということでしょうね。

Posted by: yas-igarashi | September 11, 2005 at 12:36 PM

こんにちわ

同じく,bewaadさんのところたどって来ました。

とても興味深いシナリオだと思いました。私も社民主義対自由主義のような対立軸ができることを期待します。

ところで,リフレ政策は,社民主義と自由主義のどちらが取り込むことになるのでしょうか。というか,どちらが取り込んでくれる可能性があるのでしょうか。とリフレ派でありかつ社民主義に共感を覚える私は気になります。

Posted by: myzyy | September 11, 2005 at 01:11 PM

>いがらしさん

どうも、これからはお名前で呼びます。失礼しました。

>日本のように「一億総中流」を経験してしまうと、どうにも自分を「負け組」と定義するようなネガティブなことを言う政党には、自己否定されているような気持ちが働き、嫌な気分になる。

うーん、鋭い分析ですね。私もその見方が有力ではないかと。イラク人質事件のときもそうでしたが、世論に承認されないマイノリティへの憎悪は異常なものがあります。すると自分が「あちら側」へ入れられたくない!という強い感情が起こり、むしろ積極的に叩くことで自分を守るという心理が働いてるような気がしてならないんです。それと通じるものがあるんじゃないですか。私も子供の頃在日差別はおかしいと素朴に口にすると、親に「在日の肩を持つのか!」と怒られたりしました。そしてその在日の人の中に右翼の構成員が多いという事実も、過剰に自分を日本に同化させることで自分を守ってるということではないかと。

多くの人は、負け組が実はマジョリティであり自分もそのひとりだということを認めたくない、あいつらはマイノリティなんだと頭から決め付けることで、精神の安楽を得るんでしょう。

まあ、ネットウヨなんかの発言もコンプレックスの裏返しなんでしょう。彼らの中にフリーター、引きこもりやニートが多いというのは多分事実だと思います。勝手な憶測ですが。ただこれ(フリーター・ニート)は自分の生き様とも重なってくる部分ですので、何とも複雑な嫌な気分なんですね。

Posted by: すなふきん | September 11, 2005 at 04:27 PM

>myzyyさん

はじめまして。
リフレ政策は、国民新党系が親和性高そうなイメージありますよね。
実際のところは、(ご存知かもしれませんが)田中秀臣先生のまとめによると、こんなところです。http://reflation.bblog.jp/entry/219902/
「大物」として目を引く人のうちで、平沼赳夫というのは割とわかりやすいですが、あと菅直人の名もありますね。それ以外も、自民・民主が入り乱れてます。
現在リフレ政策がほぼ黙殺されている状況であることを考えると、わざわざ政策的にこれを訴える必然性もないわけで、潜在的にはもう少しリフレ派の政治家は多いでしょう。
政界再編がどのように進むかも不透明ですが、どの段階でリフレが旗印に入ってくるか(こないか)となると、さらにさっぱり・・・最終的には何らかの社民主義的な勢力のほうが、相性がいいと思いますけどね、普通に。

>すなふきんさん

「お前らは負け組なんだから社民主義を支持せよ」と決め付けられたらカチンとくるけど、スローライフを標榜して競争社会を脱臼させるということなら、もう少し支持は得やすいと思います。
スローライフ→地域での互助→パブリックの再興とソーシャルキャピタルの蓄積、みたいな流れへと社民勢力が持っていくというのはひとつの戦術論としてアリだと思います。
ただ、これは国政というより地方政治向きかな。しかし、国政と企業社会がどんどん酷くなる中で、地域がシェルターになるというイメージは、一つの重要なビジョンになりうると思います。あまり練り上げて考えているわけではありませんが。

Posted by: yas-igarashi | September 11, 2005 at 05:36 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27113/5870362

Listed below are links to weblogs that reference 自分の生活が、まだしも悪くならなそうなヒトをちゃんと選ぼう III:

» 9・11衆院選挙最終予想結果 [為替王]
為替王倶楽部で実施しておりました衆院選挙予想アンケートの最終結果を発表します。 自民党単独政権を望む人:約50% 自公連立政権の継続を望む人:約17% 民主党単独政権を望む人:約10% 民主党中心の連立政権を望む人:約19% 自分が投票したい、期待したい....... [Read More]

Tracked on September 10, 2005 at 03:21 PM

» もう間に合わないかもしれませんが参考までに [あざみ野荘つれづれgooブログ]
 もう、行く気のある方は大体投票に行かれたと思いますが、興味深い意見のブログを発見しましたので、これから投票にと思っているかたで、まだ迷っている方は参考までに読まれて出かけられてはどうでしょうか。その意見に賛同するかどうかは別にして一見の価値はあると思います。  それにしても、選挙に関するいろいろなブログの記事を読みましたが、うーん、何か評論家的な意見が多いなあというのが正直な感... [Read More]

Tracked on September 11, 2005 at 04:36 PM

« 自分の生活が、まだしも悪くならなそうなヒトをちゃんと選ぼう II | Main | お祭りは終わり。 »