« 最近家を空けっ放し | Main | 明後日は見たいなぁ »

August 04, 2004

ここは「どこ」だろう?

いま、出張先の近江は彦根のネットカフェにてこれを書いているのですが、ここにたどり着くまでになかなか紆余曲折がありました。

今回の用務先は滋賀県立大学。彦根駅と南彦根駅という二つの駅から、それぞれ15分程度の所要時間のバスの便があります。
出張での僕の宿泊先選定の最優先事項は、環境のいいネットカフェがあるかどうかに尽きる。おっ、「彦根 ネットカフェ」でググると、彦根駅前と、南彦根駅から歩いて15分ぐらいの国道8号線沿いにあるぞ。国道8号線のほうは、郊外型ネットカフェ界の覇者、自遊空間かぁ。これは最低限計算できるな。彦根駅前は・・・「ワンデイ」、独立系か・・・サイトもないことに一抹の不安が・・・

さて、宿を取る場所の候補はどうやら二つ。
井伊大老のお膝元、国宝彦根城を1km先に臨む彦根駅近辺にするか、郊外型店舗が集積しているらしい、南彦根駅から10分ほど歩いた国道8号線沿いにするか。

結果的に、駅から結構歩くのと、南彦根駅には新快速が止まらないということで、彦根駅近辺のビジネスホテルを取ったのだけど、これが大失敗。
空き時間に彦根城にでも行きたいし、なんてくだらない色気を出したのが大失敗の元だったね。

一仕事終えてホテルにチェックインし、飯でも食いにいくかと外出しても、彦根駅近辺は、7時には店じまいしたシャッターと、年中無休で閉まりっぱなしのシャッターだらけで、夕飯を食べるにもチョイスが少ない。で、肝心の「ワンデイ」・・・ 20時時点でもう、思いっきり閉まってました(泣) 床屋の二階の立地なのですが、床屋が閉まると上も自動的に閉まるらしい。

が、どうしても今日中にしなければならない仕事があったので、小雨の中、仕方なしに一駅乗って南彦根へ。

すると、どうでしょ。駅前から8号にかけて、おなじみの看板、看板、また看板。どこもかしこもこれまたおなじみ、自慢のシャコタンで乗り付けるヤンキー様で賑わっております。
「自遊空間」の場所などチェックしてはおりませんでしたが、松原隆一郎センセがこき下ろすロードサイドのネオンに誘われるまま、8号らしき道に向かって適当に歩いていると、カラオケとゲーセンとビリヤードとネットカフェに、3on3やミニサッカー・コート、子供の遊び場やミニシアターまでついてるスーパー複合施設を程なく発見。
目当ての自遊空間ではありませんでしたが、快適な半個室で、ヤンキー娘のがなる中島美嘉をBGMにこれを書いてまつ。

それにしても、国宝・彦根城を抱える元雄藩の城下町で、こうなりますか。厳しいですねぇ。
「下妻物語」にかこつけたtrick fishさんのブログで、「邪巣子文明」の強烈さが論じられていたけれど、日本全国どこでも、中小地方都市は、すっかりこういう人と金の流れになってしまっているわけですね。


ただ、彦根のお隣の長浜市は、ちょっと別の展開をしている。郊外で成功した非商業主がNPO法人「黒壁」を立ち上げて、シャッター商店街と化した「太閤ご下賜のご朱印地」に投資してジェントリフィケーションをし、観光まちづくりに成功している。長浜というのは、関東ではマイナーな地名だけれど、全国のまちづくり業界の中では、奇跡の中心商店街V字活性化を達成した事例として、ちょっとしたカリスマだ。

しかし、長浜を歩いてみると、微妙な違和感を感じるのも事実。NPO法人「黒壁」が選んだまちづくりのための新たな産業は、ガラス。ガラス工房が集積し、かなりの観光客を集めているのは事実なんだけど、総じて単価は高く、あくまで観光客向け。「黒壁」に触発されてできた、近江牛を売り物にするような新しいこじゃれたレストランも、地方小都市としては破格に高い値段設定で、京阪神からのちょっと小金を持ったおばちゃんたちを主な客層にしている。
長浜の中心街、「黒壁スクエア」で流行っている店はだいたいそんな感じで、昔からあると思しき電気屋や洋品店は、相変わらずシャッターを閉めてるか、細々とヤンキーにボンタンを売って糊口をしのいでいる。

つまり、長浜では、中心商店街という空間の活性化は劇的になされたのだけれど、それはあくまで空間の再活性化であって、商店街そのものの再生ではない、というところがミソだ。もちろん、観光客向けの店が集積したお陰で、80年代には1時間で4人しか通らなかったというような通りを、週末には圧倒的な人出が埋め尽くすようになり、それは既存の商店街にもかなりの波及効果をもたらしているだろうが、長浜の中心市街地の復活が、地元の人が集う生活空間としてではなく、外に向けられた、もっと言えば、「外貨獲得」のための消費空間としてなされていることは否定できないだろう。

もちろん、シャッター商店街よりは、どんな形であれ活性化したほうが、ぐっとマシだ。シャッター商店街は、いいも悪いもなく、端的にゼロなのだから。
しかし、観光客という気まぐれな群れに依存して街を塗り替えたのち15年ぐらいして、気まぐれな魚たちが次の漁礁を目指して一気に離れていったとき、その街には何が残るだろう、と考えると沈鬱な気分にもなる。東京ディズニーランドであれば、魚の群れを逃さないために無尽蔵な追加投資もできようが、地方都市のNPOでそれをするのは、地獄道だ。


それより、僕らはそろそろ、南彦根の8号線沿いのような「名前のない郊外」に名前をつけていくという方向性を、真剣に考えなければならないのじゃないだろうか?
生活空間が、どこでもない取替え可能な風景に包囲されるのを嘆くだけでなく、それが必然であるのならば、少なくとも自分の主観にとってだけは、どこでもない場所ではないような何かを充填し、読み替えてゆくこと。それが、言葉の真の意味で「住まう」ということなのだろうと思う。

ちょうど、「木更津にスターバックスができますように」とお祈りしながら、バンビやぶっさんとのおバカな日常を充填することで、シャッター商店街やシケた護岸をかけがえのない遊び場にしていったモー子のように。


※コレはずいぶん前に書いた記事ですが、最近遠藤哲夫さん(この方との愉快な邂逅については、またエントリをあらためて触れようと思っているが)が書いた記事に、とても似たような問題意識があるように思えたので、今更ながらにトラバさせていただきます(2005.4.3)

|

« 最近家を空けっ放し | Main | 明後日は見たいなぁ »

Comments

ああ、おどろいた。いま彦根にいて、トラックバックされたのかと思ってしまいました。

そうですね、最近はとくに、日本中どこも「観光地」「イベントな町」「テーマパークな町」になって。水辺だと、どこも「小樽な町」になって。共食い共倒れは目に見えているような。

かつてのリゾート法の残骸がアチコチにあるように、しばらくすると「観光立国」の夢の跡がアチコチに残るような……ゾッとする話。

Posted by: エンテツ | April 03, 2005 at 08:26 PM

ヘンテコなタイミングでのトラバですみませんです。

リゾート法の馴れの果てが堤義明だとすると、20年後の「観光まちづくり」の生贄は誰なのでしょう・・・笑えないですね。

この前お話した通りのことですが、結局は「外貨」を稼ぐ果てしのない競争で疲弊するんじゃなくて、てめえが楽しいようなことをして地元でお金を循環させることを考えないとダメでしょう、っていうことに尽きます・・・言うは易し行うは難し、の典型ですね。

ただ、いかにも「(あらかじめ定められた)敗北の思想」ですが、従来のまっとうな生活空間を守ることはもう無理と白旗をあげちゃった上で、進出してきたジャスコやデニーズやスタバを、当初の企業の思惑を超えた形で、地元の連中が勝手に別のものとして使っちゃうようなことはできるんじゃないか、って漠然と思っているんです。ある意味すでに、深夜の地方都市のデニーズなんて、「ファミリー」のための「レストラン」じゃなくて、ヤンキーの「飯屋」ですよね。

浅草や上野みたいに、物語がすぐに充満しがちなところって、物語の「重力の井戸」に落ち込んで、ヘンな観光化になりがち。それよりは、一般的に「空虚」で「何もない」と思われている郊外ロードサイドみたいなところのほうが、意外に可能性に満ちているのかも、と逆説的なことを考えてみたり。

エンテツさんと、ロナウジーニョさんに刺激を受けつつ、あまりに茫漠とした独り言でした。

Posted by: yas-igarashi | April 03, 2005 at 09:27 PM

こんばんは。論文、ありがとうございました。感想はまた。

そういえば、葛飾(が「下町」なのか「郊外」なのか、それともまた違う場所なのか、ここ数日ないアタマ使ってたら余計わからなくなっちゃったんですが)のファミレスなんかもそうですね。だいたい3時くらいまでが若者の「飯屋」、それからお店が終わったオネーチャン(エスニシティはいろいろ)と連れのオジサン、5時前からはタクシーの運転手が一杯、ってかんじでしょうか。たまに小さい子供をつれたファミリーが来るとなんか場違いな・・・(笑)。それから、若いフリーターの友人なんかと行くと、彼ら、よく食べるんですよね。「タンドリーチキン&メキシカンピラフにドリンクバー、あとフライドポテト」とか。彼らの収入からしたら決して安くないでしょうに(私にとっても、ですが)。でも夜型人間には主食なのか。

あと、葛飾にはスタバは金町にしかないんですよね。千葉・埼玉県境に唯一の店舗というのは何かの象徴・・・ってわけではないですかね。たんに用地の問題かな。でも青砥や亀有にはあってもよさそうですが。

なんかまとまりのない&地元の話ばかりですみません。

Posted by: ロナウジーニョ山田(下町のダメな人) | April 04, 2005 at 03:47 AM

スタバは柏にありますよ。まあ、プチ渋谷だそうですから(棒読み)

ファミレスは地方都市まで行かなくても、葛飾でもそんな感じでしたよね。もちろん柏もです。
深夜のデニーズのアレコレって、ドンキの客層ともかぶりますよね。

にしても、アフターでデニーズ使う人がいるっていうのは、初耳だった(笑)
近所のセブンイレブンでは、決まって4時半ごろ、目つきの悪いエージェントの車に乗せられたフィリピン人ホステスの集団が、嬌声をあげて朝ごはんを買ってますが。

と、こんなテーマを考えてくの、結構盛り上がりますね。少なくとも僕の脳内では。
名前のない郊外の「飯屋」の社会学、うーん、これは結構面白いですよ。コミュニティ論でもあり、地域経済論でもあり、サブカル論でもありみたいな。ロードサイドのファミレス=ファスト風土って、いまやある意味、闇市由来の「横丁」以上にオサレなインテリが眉をしかめるものですからね。
スピリッツに載ってる「The 3名様」みたいのをきちんと検討できたらすごく価値があると思う。

ロナウジーニョ山田さん、エンテツさん、いつか一緒にこんな仕事しませんか?(笑)
まあ、既に結構なされているような気もしますが。

Posted by: yas-igarashi | April 04, 2005 at 04:57 AM

なんだか盛り上がってますねえ。それに、なんだか見やすくなった。

ファミレスは、当初から、そういうかんじのところがあって、それは産業道路を商圏にした立地か生活道路を商圏にした立地かによって、ちがいがあったような気がします。

「街」や生活圏としての「地域」が話題になるときは、鉄道の駅を中心にみていくというクセが惰性的に続いているけど、モータリゼーション以後というのは、道路行政が街づくりだったわけで。道路の「性格」によってみなくてはいけない面があると思うのだけど。

「郊外」とは何かについても、鉄道中心にみるクセがあって。だけど、生活道路沿いの街は比較的鉄道中心時代を反映しているけど、産業道路は鉄道中心の街のはずれを結ぶようにつくられたわけで、異質な面がある。

ああ、なにを書いているかわからなくなった。とにかく、大衆食堂はなやかなりしころの街や生活圏は、鉄道の駅が中心ですよね。それとは別に発達した産業道路沿いの「街」「社会」「文化」というか、そういうのがあるのじゃないか。という。一度、環7などをトコトコ全部歩いてみると、なにか見えてくるような気がするのだけど。

そのうちに酒飲みながら、こういう話をしたいですね。

Posted by: エンテツ | April 05, 2005 at 06:55 AM

またまたサイトでの言及ありがとうございます!

そうかぁ、道路といっても二手あるわけですね。なるほど、なるほど。

あと、産業道路沿いのロードサイド文化が生活圏担っていく過程の中で、ファミレスを飯屋と考えると、「酒」の問題が出てきますね、どうしても。以前は、駐車場のムチャムチャ広いつぼ八みたいな冗談も多かったのですが、例の飲酒運転の厳格化から、かなり厳しくなってるでしょうね、こういうところは。少なくとも、一人でフラッと来て一杯引っ掛けて馴染み同士の一人客と他愛もない話をする、というようなコミュニティ形成は、ロードサイドの「飯屋」や「居酒屋」には望めないでしょう。

ただ、若い人は酒を飲まなくなったという話もあるようで、「酒」を片手に新たな繋がりができる、というような想定自体が、もしかしたら、もうちょっと「古い」と言われちゃうのかもしれません。僕自身、寂しく感じることではありますが。

Posted by: yas-igarashi | April 05, 2005 at 01:18 PM

You are so cool! I don't think I have read something like this before. So nice to discover someone with genuine thoughts on this issue. Seriously.. thanks for starting this up. This web site is something that's needed on the web, someone with a little originality! Right now the time has come to enjoy my present, an smokeless cigarette from e-Health Cigarette, a reward coming from my daughter to stop smoking cigarettes. Cheers!

Posted by: e-health cigarette | December 07, 2012 at 03:17 AM

Excellent post. I was checking constantly this blog and I am impressed! Extremely helpful information specifically the last part : ) I care for such info a lot. I was seeking this particular info for a long time. Thank you and best of luck.

Posted by: how to quit smoking | January 27, 2013 at 09:51 PM

Hey this is somewhat of off topic but I was wanting to know if blogs use WYSIWYG editors or if you have to manually code with HTML. I'm starting a blog soon but have no coding expertise so I wanted to get guidance from someone with experience. Any help would be enormously appreciated!

Posted by: binary Options trade | March 29, 2013 at 05:38 PM

excellent points altogether, you just received a logo new reader. What may you suggest about your post that you just made some days in the past? Any positive?

Posted by: trading with options | May 10, 2013 at 06:13 PM

Woah! I'm really digging the template/theme of this blog. It's simple, yet effective. A lot of times it's hard to get that "perfect balance" between user friendliness and appearance. I must say that you've done a amazing job with this. Additionally, the blog loads extremely quick for me on Opera. Outstanding Blog!

Posted by: yudeung.net | September 12, 2013 at 04:43 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27113/1121396

Listed below are links to weblogs that reference ここは「どこ」だろう?:

« 最近家を空けっ放し | Main | 明後日は見たいなぁ »