« あんま間をおいてもなんですから・・・ | Main | 久しぶりのネタだけど、とりあえず »

May 15, 2004

ヴェルディさすがに可哀想・・・

先週末は、多磨を経由して上洛し、先斗町で関西の旧友と軽く飲んだ翌朝、久しぶりに緊張感のある報告をこなし、それから束の間の京の休日を楽しんだあとに、友人の結婚式経由で帰宅するというなかなか盛りだくさんのスケジュールでした。
その反動か今週は、お尻に根が生え、まったりモード。

金曜日には外語大に非常勤に行くのだけど、西武多摩川線多磨駅と京王線飛田給駅のあいだという立地は、味の素スタジアムに近いということでもある。
というわけで、駅から外語大の間の電柱には、地元2チームのフラッグがはためいている・・・はずなのだが、90%以上はFC東京で、ヴェルディの旗は申し訳程度に交差点にちらほら。

考えてみれば、当たり前の話といえば当たり前の話で。
FC東京と言えば、Jリーグバブルの時代とは無縁の後発組だが、東京ガス時代から(いまだにサポーターが、「ガスサポ」と呼ばれることが多い)地味に地元の心を掴んだのみならず、今ではサッカー通を自称する首都圏の若い男子の間では、絶大な人気を誇るチーム。(Jリーグきちんと見てますよ、という中でも、FC東京好き、というのが一番渋くてアリという空気があるよな気がする。たとえば、はてなのこのページにおけるFC東京サイトの不自然な多さとか) 今をときめく石川、茂庭、今野を擁し、ファン層拡大にも余念がない。結果も次第についてきてる。

で、ヴェルディ。
もともとは「ヴェルディ川崎」だったのが、「あの」渡辺オーナー(でも何でもないんだが、本来Jでは)の「日本を代表するチームなんだから、首都東京にホームがあるのが当たり前だ」というなんとも傲慢極まりない理屈で、強引に東京に割り込んだその経緯に問題があることは言うまでもない。
折りしもその頃はJリーグバブルがもうとうに終わっている時期。ヴェルディのチーム関係者には、馴染んだ等々力をなんとか改修してやっていこうという方向性も見えた覚えがあるが、当の川崎市や市民自身が、あまりに身勝手な要求を言いまくる読売幹部に嫌気がさして、もう一つのホームチーム、フロンターレに肩入れをしていき、ヴェルディは出ざるを得なくなっていく。そして出て行った先の東京スタジアムで(ナベツネなんかはナメきってたと思われる)FC東京の人気ぶりに驚き、凋落する一途の己が人気に慌てふためく・・・

とまあ、大体こんな感じなのでしょう。

端的に言えば、野球の世界では通用したナベツネの殿様商売戦略が、サッカーの世界では全く通用しなかった、と。(だってこいつ、全盛期のカズには、「君はサッカー界の長嶋なんだから、何があってもヴェルディから出て行ってはいかん、なんて真顔で言ってたんだぜ)ヴェルディのチーム関係者は、昨シーズンのヴェルディ好調時に、渋谷や新宿で体を張った痛々しい動員イベントを打ったりしていて同情する気分がないではないし、ヴェルディというチーム自体も、山卓・ヤシケン・三浦アツ・エムボマと結構好きな選手がいて、あの「伊達男サッカー」も嫌いではないのだが、今はヴェルディなど端っからなかったことにしているトップの戦略の破綻ぶりはきっちりと追求していかないだろう。

でも、ホント、ファンの体質が野球とサッカーってまるで違うのね。
あれだけむちゃくちゃな人事と選手補強と地元無視(突然「東京読売ジャイアンツ」の東京を突然抜くとか)をしておきながら、せいぜい何パーセントか視聴率が落ちるぐらいで、ドームはまだまだ満員御礼だもんね。ヴェルディとは大違い。

巨人ファンの僕は、「野球全体に関心を示さない」という超後ろ向きな解決法で自分の中ではケリをつけているんだけど、本来はそれでも足りなくて、コアな巨人ファンは、もっとサッカーサポーターの行動力や組織力を見習うべきなのかもしれん。

Jリーグでは、経営サイド・運営サイドの理不尽には、かなり組織的な反発が起きる。今、日本で最も盛んな「新しい市民運動」はこのサポーター運動なのかもしれん、というぐらいに。
低迷チームのオフのごたごたに対してサポーターが団交するのは、もはや冬の風物詩だし、柏や市原でのホームタウン移転に関しても、広範な運動が起きている。鳴り物入りでやってきた楽天の三木谷が、ヴィッセルのチームカラーを社色のクリムゾンに変更しようとしている件では、いまギリギリの折衝が行われている。(そういや、三木谷が、鹿島やレッズなどの名門とかぶるリスクを犯してまで変えようとしているクリムゾンって、もともとは三木谷が留学してたハーバードのスクールカラーに端を発してるんだってね。なんともはや、アイビーリーグ趣味丸出しの我儘ぶりで。「心機一転のためにチームカラーを変更」という表向きの建前も既にトホホだが)

そろそろ野球の方も、「球界の独裁者」も「ファンの力」で何とかした方がいいよ。このままにしておくと碌なことがない。
とは言っても、Jで一般サポが運動できて野球ではできないのは、巨人なんて経営規模が大きすぎるからなんのかなー。
確かにヨーロッパを見ても、地元密着チームならこういうサポの運動ってありそうなイメージだけど、レアルなんてあれだけめちゃくちゃアンバランスな補強をして無冠に終わっても、もうマドリーの地元っ子がどうこういってもしょうがないレベルなんだろうしな。

サッカーサポーター型の運動が不可能なら、なんとか消費者運動のようなことできないだろうか。


|

« あんま間をおいてもなんですから・・・ | Main | 久しぶりのネタだけど、とりあえず »

Comments

「コア」な巨人ファンて、まだいたんですカ~。プロ野球の「コア」なファンって言うと、もう阪神とかどっかその辺のイメージしかわかないっス。巨人の場合チームと言うより選手個人のファンならまだ想像できますね。

Posted by: スポーツ音痴 | May 17, 2004 at 08:54 PM

「スポーツ音痴」さんこんにちわ。
「コア」な巨人ファン、定義しだいでしょうし、もちろんその比率は他球団に比べれば圧倒的に少ないですが、(信じられないことに)これがまだまだいるらしいのですよ、実際。

それに関連して、ちょっと面白いページを見つけたので、ぺたり。
http://www3.coara.or.jp/~koa/g.objection.html

Posted by: yas-igarashi | May 18, 2004 at 05:24 PM

なるほど、蓼食う虫も好き好きとはよく言ったものなんですね(笑)
応援形式をめぐっての衝突なんて、小説かなんかでチョイネタとして扱うには丁度いいかも?

Posted by: スポーツ音痴 | May 19, 2004 at 02:30 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27113/597830

Listed below are links to weblogs that reference ヴェルディさすがに可哀想・・・:

« あんま間をおいてもなんですから・・・ | Main | 久しぶりのネタだけど、とりあえず »