« 4・7 これは、喜ぶべきことなのか? | Main | 人質事件補足 »

April 09, 2004

「噴きあがってみる」ことについて

@nifty:NEWS@nifty:即時解放を要求 福田官房長官(共同通信)

どうしても「だからどうなの」って感じにならざるを得ないので、イラクのことはできる限り話題にしないで来たが、さすがにこれは。
ちょっと記憶がないぐらいヒリついた事態だと思うのだが、福田は予想以上に余裕で会見乗り切っていた。ちょっと質問の質が低すぎて萎える。

案の定、2chの中東情勢版あたりでは、「自作自演」「自業自得」のオンパレード。まあそういいたくなる気もわからなくはないし、これで「屈し」たらゾロ日本人が狙われるのは間違いないところなのだが、まだまだ素朴な善意に満ち満ちている非2ch世論が、虐殺される3人の絵に耐えられるかどうか。ただ、耐えられなかった結果が、9.11後のアメリカのような集団ヒステリー方面に行く可能性も高いだろうから、小泉としては割と出目のいいギャンブルだと思ってるんだろうな。そういう小利口な計算をしてることが透けて見えるので、やはりあまり気分がよろしくない。
ならばと、クウェートあたりまで引く振りをするのも一手だとは思うが、撤兵ぐらい「主体的」にやってもらわないと、「国民」の一人としては立つ瀬がない。

つーわけで、どっちもどっちの選択という結論にしかならない・・・となると自然と、「答えの出ない/手の出しようもない問題に噴きあがるよりは、斜めに構えてたほうがいいだろう」という処世術になってゆく。リアルでもウェブ上でもどちらでも。

こうやって日々政治的に去勢されていくのは当然の成り行きで、それ自体は肯定するも否定するもないものなのだけど。確かにイラクやパレスチナのことでは噴きあがらなくてもいい、別に。
しかし、いつか政治的な判断をしなければならない事態が自分の身に降りかかってきても、それに気づかずにぬぼーっとしてるなんてことになるのを避けるために、イラクみたいな「遠い問題」だからこそ安楽椅子から「噴きあがる予行練習」をしといてもいいのかな、とも思う。少なくとも、「噴きあがる」ことを過剰に揶揄するオリコウさんな傾向にはあまり与したくはない。やはり、時々は無い脳みそをふり絞って、カッコ悪く右往左往してみる必要があるのだろう。

こんな切羽詰った事態になったとき、自分にはとてもじゃないけど真っ当な介入をするだけの力が備わってないなーなどと凹んでいたときに、件の拘束事件を聞き、激しく思考が脱線した深夜。

|

« 4・7 これは、喜ぶべきことなのか? | Main | 人質事件補足 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27113/415179

Listed below are links to weblogs that reference 「噴きあがってみる」ことについて:

« 4・7 これは、喜ぶべきことなのか? | Main | 人質事件補足 »